BLOGブログ

国家資格「一級建築塗装技能士」って何?

2018.02.12

こんにちは!!

ペイント王です!!

 

みなさん先日の節分は豆まきちゃんとやりましたか??

『鬼は外!!福は内~!!』

 

 

日本独自の行事ってなんだかワクワクしてしまうのは私だけでしょうか?

 

ちなみに北海道ではピーナッツを豆の代わりにまくらしいですよ!!

後片付けが楽そうですね。

しかも、まいた後も食べられるなんて画期的♪

地域によっての特色を調べてみても面白そうです☆

 

「節分とはなんぞや?」って調べてみると、四季すなわち“春夏秋冬”の節目

とのことらしいのです。なかなか知られていないかもしれませんね。

 

邪気=鬼が生じるため それを払う儀式として昔から行ってきたそうですよ!!!

 

また、まいた豆のことを福豆といって、それを食べると1年間無病息災、健康に過ごすことができるとされています。

 

しまった!掃除機で吸ってしまった!!!!と、調べながらあたふたしてしまっている私です(笑)

 

 

さてさて、今回のテーマは

 

「一級建築塗装技能士ってなんぞや!?」です。

 

ちょっと気になったので調べて見ることにしました。

 

 

塗装技能士とは塗装技術を認定する国家資格です。

 

名称独占資格の国家資格なのです。

 

名称独占資格というのは、資格がなくてもその業務に従事する事はできるけど、

資格取得者のみ特定の資格名称、つまり”肩書き”を名乗ることができます。

 

資格を所有していない人が法律に定める特定の名称を名乗ることはできない資格という訳です。

 

また、名称独占の資格に似てたり、名称独占資格に関連している資格のように紛らわしくした名称を使用することが禁止されているらしいですよ!

 

技術士以外にも調理師さんや、保育士さんや保健師さん、作業療法士さんなどの資格がこれに当たります。イメージ湧きましたでしょうか??

 

検定試験では「木工塗装作業」「建築塗装作業」「金属塗装作業」「噴霧塗装作業」「鋼橋塗装作業」に分かれるそうです。

 

 

等級には、1級と2級があります。また資格を取得するためには↓

 

 

 

「塗装技能士資格を持っていないものが塗装技能士と称することは禁じられている。」ともされています!!

 

 

 

私が今すぐに、資格とっちゃお!っと 、いうわけにはいかない資格の様です。

 

職人さんたちすごい!!

 

実務7年以上というと、場数も沢山踏んでいるはずです。

いろんな経験しているはずです。いろんな実績もついてきます。

一級建築塗装技能士等の国家資格を持つ塗装職人集団、

ペイント王に安心して依頼していただければと思います☆

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!