BLOGブログ

~お金のハナシ~外壁工事ではリフォームローンも使えます!

2018.01.09

 

こんにちは。ペイント王です。

 

大切なご自宅を守るために、適正な期間ごとに外壁塗装を行うことは、家の傷みや劣化を未然に防ぐための未来への投資です。

外壁塗装へ投資することで、塗装を行わなかった時に発生する修繕費を減らすことで、長期的に見て出費を抑えることが出来ます。

 

そして大切なご自宅を長持ちさせることで、お子様やお孫さんの代にまで思い出のあるご自宅を長く引き継いでいくことが出来るでしょう。

しかし十年も先を見据えた未来への投資であるがゆえに、それなりの大きな金額になるというデメリットがあります。

 

外壁塗装を行えるだけの十分な資金がないために、やむを得ず諦める方も多くいらっしゃるのが現状です。でも資金がないために外壁塗装を行わなかった結果、5年後、10年後に大切なご自宅の劣化という結果になり、外壁塗装をはるかに上回る修繕費を支払わなければならないという結果になるかもしれないのです。

あるいは、劣化の早まりにより、ご自宅の本来の寿命を迎えるよりも早く、立て替えを余儀なくされるかもしれないのです。

 

そんな、ご自宅の保全のために外壁塗装をしたいけど、十分な資金がない方にオススメなのが、外壁塗装のリフォームローンです。

 

外壁塗装工事のリフォームローンを依頼するには

 

 

では、リフォームローンはどこに依頼すればよいのでしょうか。

依頼先は、住宅ローンを使用しているかどうかによって次の2つに分かれます。

 

 

1.ご自宅をローンで購入された場合

→住宅ローンを組んだ金融機関に相談する。

 

 

ご自宅を、住宅ローンで購入された場合、ローンを組んだ金融機関に相談する方法があります。

この場合、一度審査を通過している実績から信用がある上、外壁塗装の金額は住宅の購入に比べれば小さいので、審査は通りやすいと言えるでしょう。

 

もちろん、住宅ローンの返済が滞りなく行われていることが最低条件ですが、さらに繰り上げ返済の実績があればなお審査は通りやすくなるでしょう

 

 

では、ご自宅を相続された方など、住宅ローンを扱う金融機関とのつながりがない場合はどうすればよいのでしょうか?その場合、次の塗装業者と提携するリフォームローンを使う方法があります。

 

 

2.住宅ローン使用の実績が無い場合(ご自宅を相続された場合など)

→塗装業者と提携する金融機関のリフォームローンを使う

 

 

住宅ローンを扱う金融機関とのつながりがない場合は、塗装業者と提携する金融機関のリフォームローンを使う方法があります。

 

ここで注意しなければいけないのが、全ての塗装業者が金融機関と提携しているわけではないという点です。この場合、塗装業者が金融機関と提携している塗装業者を探す必要があります。そして金融機関と提携していることは、塗装業者の信頼度を示す1つの目安になります。

 

なぜかといいますと、金融機関は、工事中に事故を起こしたり、塗装の失敗などのトラブルが多い業者とは、提携したがりません。ましてや、手抜き工事を行う悪質な業者は言うまでもありません。なぜなら、そのような業者の施工を受けたお客様は、金銭的に損害を被ってしまうため、ローンの返済が出来なくなる可能性が高いためです。

 

そしてもう一点注意していただきたいのが、金融機関と提携している塗装業者によっても金利が違ってくるという点です。仮に塗装にかかる費用が同じだったとしても、金利が違えば、トータルで支払う金額は大きく違ってきます。できる限り金利の低い塗装業者を選びたいですよね。では、金利の違いはなぜ発生するのでしょうか?

 

事故や塗装の失敗がないことに加えて、施工後塗装の効果が長持ちして、耐用年数まで問題が発生しない業者ほど、金利は低くなります。

優良な塗装業者の施工を受けることで、塗装の効果が長持ちし、お客様の出費を最低限に抑えるので、ローンの返済がしやすくなると金融機関は判断するのです。

 

優良な塗装業者かどうかを判断する上で、「金融機関と提携しているか」、「金利は何%か」、という2つの基準は、厳しい金融機関の審査によって決まるので確かなものといえるでしょう。

 

 

ローンの種類

 

 

塗装業者と金融機関が決まったら、ローンの契約に移りますが、ローンには、次の2つの選択肢があります。

 

1 担保の有無

有担保の場合、無担保に比べて金利や安くなるというメリットがありますが、審査に時間がかかる

というデメリットもあります。

 

 

2 固定金利と変動金利

固定金利の場合、決まった期間金利が一定になるため、金利変動の影響を受けないというメリット

があります。変動金利は、固定金利より安く設定されている場合が多いのですが、社会情勢による金利上昇の影響を受けるというデメリットがあります。

 

まとめ

 

外壁塗装のローンは、住宅ローンを組んだ金融機関に依頼する方法と、塗装業者が提携する金融機関に依頼する方法の2種類があります。

「塗装業者が金融機関と提携しているか」、「金利は何%か」、の2点は、塗装業者が優良かどうかの正確な判断基準になります。

塗装業者と金融機関が決まったら、ローンの種類として、「担保の有無」、「固定金利と変動金利」を状況に応じて選択します。

 

ペイント王は、リフォームローンの金融機関と提携しています。

ペイント王では、十分な資金がなくても将来のために外壁塗装を行いたいというお客様のために

「オリコ」と「イオン」の2つのリフォームローンをご用意しています。

 

より多くのご家庭で、適切な外壁塗装を行っていただき、大切なご自宅をより良い状態で長持ちさせていただきたい。それが私たちペイント王スタッフ一同の願いです。

 

 

リフォームローンを使った外壁塗装をご検討中の方は、どうぞお気軽にご相談下さい。

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!