flowreform

FLOW塗り替えリフォーム施工の流れ

STEP.1 足場の組み立て

外壁塗装を行う時に、まず行うのが足場の組み立てです。 足場をしっかりと組むことによって、安全性を確保することはもちろんですが、隅々まで丁寧に作業をすることができますし、正確性や仕上がりも変わってきます。

STEP.2 高圧洗浄

外壁や屋根は雨風にさらされているため、ホコリで汚れ、場合によってはコケが生えていることもあります。そこで、塗り直しを行う前に、業務用の高圧洗浄機を使って、きれいにしていきます。

STEP.3 養生

塗装する際はどうしても塗料が飛び散ってしまいますので、 塗料が付着しないように必要な個所をシートやビニールなどで保護します。 養生をする時は、窓やドアもふさいでしまうこともあるので、お客様になるべく息苦しさを感じさせないように心がけています。

STEP.4 下地処理

下地処理とはひび割れを補修したりコーキングを打ち直したりして、塗装前の下地を作る作業のことです。下地処理は表面に出ない部分の作業ですが、仕上がりに大きく影響する作業なのです。 ペイント王では見えない部分の作業もお客様にご安心いただけるように、 各工程で写真を撮影し、施工完了後にご提出します。

STEP.5 下塗り

下塗りは中塗り・上塗り用の塗料がしっかりと壁面に密着するために行います。この下塗りはとても大切で、下地の強度を高めるためにも必要な工程と言えますし、耐久性にも大きく影響してきます。

STEP.6 中塗り

下塗りを終えたら、次は中塗りを行います。ペイント王では三度塗りの工程をとっており、塗り残しやムラをなくすために上塗りの塗料と同じ材料を用いますが、少しだけ異なる色を使います。中塗りを行うことによって、塗料の耐久性を確保します。

STEP.7 上塗り

塗装の仕上げとなる、上塗りです。中塗りと同じ材料を使って塗り上げていき、塗膜に十分な厚みを持たせます。耐久性を持たせるためにも、塗り残しのないように丁寧な作業を行い、美しさにもこだわっています。

STEP.8 チェック

塗り残しのないように職人が気を付けても、塗り残しが出てしまう場合があります。ペイント王では念入りにチェックを行うことで少しの塗り残しやムラが出てしまわないように徹底をしています。

STEP.9 足場の解体

なるべく周囲へのご迷惑がかからないように、スムーズに足場の解体を行います。足場解体後には再度チェックを行い、足場があったことで塗れていなかった箇所がないかを最終確認します。

STEP.10 完了

ペイント王では工事中に各工程の写真を撮影しており、施工完了後は完了報告書としてご提出しています。完了後にお気づきの点などがありましたら、お気軽にお声かけください。

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!