outerwall

OUTER WALL外壁工事

高圧洗浄

外壁や屋根に付着した汚れやコケを除去するために、150気圧ほどのパワーがある高圧洗浄機を使って高圧洗浄を行います。塗装の密着力にも関わってきますので、ペイント王では念入りに高圧洗浄をしていきます。

コーキングの打ち替え

コーキング材は年数が経つと硬化してきます。その結果、隙間ができたりヒビ割れが起こったりして雨漏れなどの原因となります。そこで既存のコーキング材を撤去してから、目次の掃除をして、目次周りの養生、プライマーを行い、新しいコーキング材を注入します。その後、養生を外して塗装を行います。これがシーリングの打ち替えという作業です。

シーリングの増し打ち

古くなったシーリング材は痩せていきます。
そこで、痩せている古いシーリング材やひび割れのあるシーリング材の上に新しいシーリング材を塗ります。これをシーリングの増し打ちといいます。サイディングなどのジョイント部分のコーキングは痛みやすいですが、上から塗料を塗ることでだいぶ強くなります。また、増し打ちは打ち替えと比べると価格が安くおさまります。

ひび割れ補修

外壁は経年劣化や紫外線による塗膜の劣化、地震などによる揺れや振動でひび割れを起こします。ひび割れの大きさにもよりますが、髪の毛ような細いひび割れ(ヘアークラック)であれば弾性フィラーで下塗りをすれば問題ありません。しかし、大きなひび割れ(0.5mm以上)の場合にはラッカースプレーを使ってマーキングします。このようなひび割れの場所や長さは図面にも記載して職人同士で共有しています。

リシン仕上げの外壁塗装

リシンはモルタル外壁の仕上げ材として使われている、表面化粧材です。
安価で施工しやすく、通気性や美観にも優れているリシンですが、吹き付けリシンは薄く施工されていることが多く、耐久性が高くありません。そのためひび割れが起こりやすく、表面が凹凸なことも影響して汚れがつきやすくなっています。リシンの場合は下地が塗料を吸い込んでしまうため、下塗りの技術が非常に重要になってきます。

木部が多い建物の補修

木部は腐りやすく、一見、外見は大丈夫そうでも中身が腐食している場合があります。
特に破風板は、日差しなどで最も腐りやすい箇所のひとつです。
外壁や鉄部と異なり、木部は伸縮したり調湿機能を持っているため、それらの特性を妨げないように浸透型塗料などの塗料選びや木目を生かした仕上げ方などが重要になってきます。

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!