roof

ROOF屋根工事

屋根工事の外壁塗装

屋根は外壁以上に日差しや雨風にさらされているために傷みが進行しやすく、外壁に比べて劣化が早くなってしまいます。また、外壁のようにご自身でチェックすることもなかなかできません。
屋根塗装をすることによって美観を保ったり、維持したりすることはもちろんですが、防水性を高めることや遮熱性を向上させるといったメリットがあります。
また、外壁塗装と屋根塗装は工事の際にどちらも足場を組む必要があります。そのため、ご予算にもよりますが足場代を考えると屋根と外壁を一緒に工事したほうが節約にもなります。

屋根の葺き替え

「葺き替え」とは瓦などの屋根材を新しいものに取り替える工事のことを言います。
屋根の塗り替えに比べて費用はかかりますが、地震対策や家の寿命を長持ちさせることにもつながりますし、外観のイメージを一新させることもできます。
葺き替えの目安となる時期は使っている屋根材によって異なりますが、一般的にカラーベストやコロニアルなどのスレート系は10~15年ほど、日本瓦は25年~30年ほど、トタン屋根は7~10年ほどが言われています。

トタン屋根塗装

電動工具にワイヤブラシをつけてサビやフル塗膜、そして汚れを落とすケレン作業を行います。
この作業は非常に重要で、塗料の密着良くしますし、塗膜の寿命を長くするなどの効果につながります。トタン屋根の場合には下塗りの工程の中で錆び止めの塗料も塗っていきます。

ストレート瓦の屋根塗装

軽量のスレート屋根(コロニアル)の場合、水が入っても重なり目から水が抜けるように設計されています。しかし塗料の重なりによって重なり目が密着してしまうと水の逃げ場がなくなってしまうことで、水分が建物の中に入ってしまい、内側の木材が傷んでしまう原因にもなりかねません。
そこで、タスペーサーという部材を使うことによって重なり目が塗料で密着しないように縁切りを行います。 また、鉄部は錆び止め材を塗ったり、ひび割れ部分の防水補修も欠かせません。

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!