vs

AQUEOUS VS OILINESS水性塗料と油性塗料、どっちがいいの?

外壁塗装で扱う塗料には『水性塗料』と呼ばれるものと、『溶剤』と呼ばれるもがあるのはご存知でしょうか?
お客様からも「水性塗料」と「油性塗料」のどちらを選んだらいいの?
という質問を受けることが多いのですが、どちらの塗料にもそれぞれのメリットやデメリットがあり必ずしも正解があるわけではありません。
こちらのページでは、その2種類の塗料の違いをご紹介します。

水性塗料と油性塗料の違い

水性塗料

水性と呼ばれる塗料は、水を混ぜて使用するタイプの塗料です。
塗料を水で溶かして使用するとお考えください。

メリット
環境にやさしい
イヤな臭いがしにくい
揮発性有機化合物(VOC)の削減につながる
保管しやすい
デメリット
溶剤と比べると寿命が短い
塗装が不可能な下地が多い
湿度が高かったり、雨などが多いと塗りにくい
塗料のツヤが落ちやすい

油性塗料

油性塗料と呼ばれる塗料は、シンナーを混ぜて使用するタイプの塗料です。
塗料をシンナーなどの揮発性有機溶剤で溶かして使用します。

メリット
水性に比べて長持ちしやすい
ツヤを保ちやすい
低い温度でも乾燥しやすい
塗装できる下地が多い
デメリット
有機溶剤によって臭いが強い
水性に比べて価格が高い。
水性に比べて揮発性有機化合物(VOC)が多く使われている

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!