WHAT'S NEWお知らせ

窯業系サイディングについて。

2018.08.03

こんにちは~(*’ω’*)

箕面店のフォローアップの杉山です。じつは先日、日本ペイントさんの講習にいってまいりました!

先日と言っても、もう2か月前のはなしになりますが(;’∀’)

沢山の方が参加されてましたよ~★

そして、ペイント王から箕面店と寝屋川店、参加してきました☆

 

最近は塗料の質がとてもよくなっているので、一度塗り替えると、すぐに塗り替えずにすみます。耐久性のいいものでも、20年くらいもつ塗料もでています。もちろん、立地条件などにもよりますが。

 

今回お勉強した内容で、皆様にも知って頂きたいことを書かせて頂きたいと思います。

実は、どんな壁にも、なんでもぬってもいいわけではないのです!

それを見極めるのが重要!

塗替えの場合

前回、塗装した塗料がなになのか。

無機、フッ素、光触媒など。を使った場合には、塗り替えるときに、下塗りの塗料をかえるひつようがあります。

これを知らずに、塗装してしますと、すぐに塗料がめくれてきてしうこともあるようです!!!

業者さんも知らない方もまれにいると思いますので、見積もりに来た際には、前回の塗料をお伝えするのがいいかと思います(*’ω’*)

新築の場合

汚れにくいコーティングを施したものも最近では販売されているようです。

はじめから光触媒のコーティングをしてあるものだと、次の塗り替えの時にも注意が必要です。

今の壁にどんな塗料がつかわれているのか知っておく必要がありますね(*’ω’*)

 

経年劣化がしにくいといっても

一生ものの壁ではないのでメンテナンスが必要です。

塗膜が切れていないときは、劣化は緩やかですが、塗膜がきれると急激に劣化します。

シーリングの剥がれ

ボードの反り、チョーキングなどなど。

大丈夫だと思っていても、10年ほどたっているならば、チェックしてもらった方がいいでしょう(*’▽’)

ペイント王では、お見積り、現状調査は無料なので、いつでもお電話ください(^▽^)/

 

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!