BLOGブログ

「外壁塗装」は「車の塗装」と同じ?!

2018.04.10

「外壁塗装」は「車の塗装」と同じ?!

 

 

ペイント王です。

 

都心から離れた郊外にお住まいの方で、お車をお持ちの方は多くいらっしゃると思います。

 

郊外型ショッピングセンターの発達で、郊外では車があると便利ですよね。

 

お車をお持ちの方で、車体の外観に気を遣われている方は多いと思います。

 

特に、車が好きな方は、ピカピカにワックスがけした車を見ると、思わず目が行ってしまうのではないでしょうか?

 

好きな車種であれば、なおさらです。

 

反対に、好きな車種の車が、お手入れがされずに、傷だらけでサビが発生しているのを見たら、悲しくなってしまいますよね。

 

車の外観を美しくに保つことは、ボディーの劣化を防ぎ、長持ちさせることにもつながります。

 

外観の美しさが、長い寿命につながることは、車だけではなく、お家も同じなんです。

 

そこで今回は、車をお持ちの方に向けて、「外壁塗装」と「車の塗装」を比べながら外壁塗装の大切さについてお話ししたいと思います。

 

車の「小さな傷」を放っておくと、サビが広がり「大きな穴」に

 

 

お車を大切にされている方にとって、洗車とワックスがけは、かかせませんよね。

 

そして洗車やワックスがけの時にボディーに、「小さな傷」を見つけたら、放っておけないですよね。

 

大切な愛車を、風雨や太陽光から守るのは、ボディーの塗装です。

 

車のボディーについた「小さな傷」を放っておくと、そこからから「サビ」が発生してしまいます。

 

そして、時間がたつにつれて「サビ」はどんどん大きくなって、最後にはボディーに穴が開いてしまいます。

 

もちろん、大切なお車についた小さな傷を、放っておくなんてことはしませんよね。

 

傷を見つけたら、汚れを落としてから補修塗装をして、サビが発生する前に処置をします。

 

傷が小さい内に補修塗装することで、お車へのダメージは最小限に出来るのです。

 

実は、お家の外壁塗装も、車の塗装と同じなんです。

 

外壁塗装は、劣化が見えにくいので気付いたときは手遅れに!

 

お家の外壁にサビが発生するわけはない、と思われるかもしれません。

 

たしかに、お家の外壁は金属ではないので、目に見える「サビ」という形での劣化はありません。

 

でも、車のように目に見える形で劣化が表れないからこそ、怖いのです。

 

目に見えにくいから、処置をせずに放置してしまい、気が付いたときには手遅れになってしまうのです。

 

外壁塗装の劣化を放置しているとから、外壁に雨水が浸入することで、建物の劣化が始まります。

 

そして、気付かない内に劣化がどんどん進行して、「雨漏り」などの目に見える形であらわれて、初めて気付く場合が多いのです。

 

でも、劣化が目に見える形で表れた時は、すでに手遅れの状態です。

 

そうした手遅れの状態になってしまうと、大規模な修繕が必要となり、多額の費用がかかります。

 

外壁塗装も、劣化が小さい内に直してダメージを最小限に!

 

 

では、手遅れになる前の小さい内に、外壁の劣化を見つけるためには、どうすれば良いのでしょうか?

 

ペイント王では、塗装の専門家ではない方でも、外壁塗装の劣化状態をチェック出来るように「簡単セルフチェック」をご用意しました。

 

「簡単セルフチェック」は以下のURSからご覧ください。

https://www.paint-king.com/selfcheck/

 

塗装の劣化は、小さい内に直すことで、お家へのダメージを最小限におさえられます。

 

お家が新築から10年以上経過しているようでしたら、ぜひ簡単セルフチェックをおすすめします。

https://www.paint-king.com/selfcheck/

 

セルフチェックをしていただいた結果、もし当てはまる点や気になる点がありましたら、ペイント王へ、ぜひお気軽にご相談ください。

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!