BLOGブログ

「高品質な塗装」のカギとなる「工程管理」とは?

2018.03.22

「高品質な塗装」のカギとなる「工程管理」とは?

 

 

ペイント王です。

今回は、外壁塗装の「工程管理」のお話をしたいと思います。

 

工程管理…? それって何…?

いきなり建築業の専門用語が出てきてちょっと難しいと思われるかもしれません。

 

でも、外壁塗装を含めた建築工事では、「工程管理」がとっても大切なんです。

では、工程管理とは一体どのようなものでしょうか?

 

 

「工程管理」とは?

 

塗装工事を含めた建築工事では、建築会社さんは、それぞれの作業の日数や人員を計算して、工事の予定表である「工程表」を作ります。

 

工程管理は、この工程表をもとにして行われます。

 

現場監督さんは、工程表を見ながら、途中で遅れがないか進捗状況をチェックしながら工事を行います。

 

そして、もし工事に遅れが出たら、原因を調べて人員を増やすなどのフォローアップを行って軌道修正をします。

 

工期を守るために、途中で何回も工程表と照らし合わせながら、軌道修正することが、工程管理です。

 

そして、しっかりとした工程管理を行うことが、高品質な施工につながります。

 

では、なぜ工程管理が品質に関係してくるのでしょうか?

 

 

「手抜き工事」を防ぐ工程管理

 

工程管理は、「手抜き工事」を防止するためにとても重要です。

 

手抜き工事が発生する大きな原因の1つが、ずさんな工程管理による工程の遅れです。

 

ずさんな工程管理により、現場の状況に合わない工程表や、余裕のない工程表を作ってしまうと、工事が遅れてしまいます。

 

そして工期の遅れを取り戻すために、本来行わなければならない作業を省いて、手抜き作業により無理に工期に間に合わせようとするのです。

 

そこで、しっかりとした工程管理により、工程表で、各作業に必要な日数をしっかりと決めて、余裕をもって作業を行い、手抜き工事を防止できます。

 

 

工程管理は優良業者を見極めるポイント

 

しっかりと工程管理を行うかどうかは、優良な塗装業者を見極める重要なポイントです。

 

もし、きちんとした工程管理を行わずに、行き当たりばったりで工事をしていたら、工期に間に合わなくなって「手抜き工事」が発生してしまうでしょう。

 

そして、お客様の「工期を短くしてほしい」という要望を、全て受け入れてしまったとしても、「手抜き工事」が生まれてしまいます。

 

「工期を短くしてほしい」というのは、多くのお客様の希望です。

 

実際に、短い工期をうたい文句にしている業者さんもいます。

 

しかし、あまりにも短い工期の場合は、注意が必要です。

 

工程管理を、きちんとしていない可能性があるからです。

 

たとえお客様のご要望であっても、品質低下につながるような無理なご要望は断って、品質を最優先にするのが優良業者と言えるでしょう。

 

 

 

私たちペイント王では、しっかりとした工程管理のもとで、外壁塗装を行っています。

 

ペイント王の外壁塗装の基本的な工事日数は、休日を含めて約15日間です。

 

外壁塗装工事では、足場の組み立てや養生により、どうしてもお客様にご不便をおかけしてしまう期間があります。

 

そこで、できる限りお客様にご不便をかける日数を減らしながら、高品質の塗装を行うために必要な日数が、15日間の工期です。

 

他の塗装業者さんの中には、もっと工期が短いところもあります。

 

でも、私たちは、塗料の寿命がくるまで、しっかりとお家を守り、外観を美しく保つためには、15日間の工事期間が必要と考えています。

 

ペイント王の外壁塗装工程の詳細はこちら

https://www.paint-king.com/period/

 

私たちペイント王は、しっかりとした工程管理により、高品質な塗装をお届けしたいと考えています。

 

大阪で、外壁塗装をご検討中の方は、ペイント王へぜひお気軽にお問合せください♪

 

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!