BLOGブログ

【塗料には、耐久年数によって種類がある】

2017.11.01

 

こんにちは。ペイント王です。

今回は、塗料の種類について説明します。
塗料には耐久年数によってさまざまなグレードがあり、またそれぞれに1液型と2液型という2種類に分かれています。

グレードの話でいえば、シリコン系樹脂塗料だと10~15年前後、フッ素系樹脂塗料だと15~20年程度の耐久年数があり、年数が長いほど、価格は高くなる傾向にあります。

ちなみにペイント王で使っているフッ素系樹脂塗料は、「親水性」という特長があるので、塗った後に雨が降ると、外壁のヨゴレを洗い流してくれます。自然にお任せで、外壁のキレイをキープしてくれるなんてうれしいですよね。

そして、専門的な話になりますが、シリコン系樹脂塗料の中でも1液型と2液型、フッ素系樹脂塗料の中でも1液型、2液型と2種類に分かれています。

2液型は文字通り、主剤と硬化剤というものに分かれており、主剤へ決まった分だけ硬化剤を入れ、固まってきたところを時間内に塗装しなくてはいけない、というもの。
時間をオーバーするとぷにぷにとプリンのように固まって、塗れなくなってしまい、価格は1液型より高くなります。

そんな2液型のメリットは、塗ったあと強力な膜を作ることができるので、耐用年数は長くなり、長い目で見るとコスパが良いという点です。

反対に、色をちょくちょく変えてイメージチェンジをしたい場合は、1液型の方がリーズナブルなのでおすすめです。

目的や用途に合わせて、溶剤を選んで、納得のいく塗装工事にしましょう。
ペイント王へお気軽にご相談くださいね!

 

株式会社ペイント王

大阪の外壁塗装専門店

0120-927-007

お気軽にお問い合わせください!

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!