BLOGブログ

【外壁にできるサビについて】

2017.11.10

 

こんにちは、ペイント王です。
今回は住宅に現れるサビと、ペイント王のサビの処置法をご紹介します。

赤サビは主に、鉄の部分に発生します。
つまり、ベランダの手すり、雨戸、門などに多く見られます。

サビとは鉄の腐食のことなので、そのままにしておくと、穴が開いてボロボロになってしまうことも。

特に海沿いなどの家では、塩分と水分の影響で、鉄がとてもサビやすい状態にあるので、定期的なメンテナンスが必要になるんです。

そんなサビに対するペイント王の処置は、まずサビを削ってサビ止め塗料を塗り、その後上塗りをするというものです。
穴が開いていたりする場合は、鉄用のパテで板金のように仕上げることもできますが、まずは状態を見させていただいてから。

鉄の腐食が進んでいる場合は、元通りにならないこともあり、サビの進行具合によって、仕上がりにも差が出てきます。

ちなみにサビ止め塗料とは、あくまでサビの進行を抑制する働きのあるもので、サビを完全に無くすことではありませんので、ご注意くださいね。

お住まいでサビの気になる部分がありましたら、お気軽にお声かけください。

 

株式会社ペイント王

大阪の外壁塗装専門店

0120-927-007

お気軽にお問合せください!

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!