BLOGブログ

【外壁塗装の必要性についてのハナシ】

2017.12.29

 

こんにちは!

ペイント王の中辻です。

 

今日は外壁塗装のお話をしたいと思います。

 

そもそも…外壁の塗装ってどんな時に必要なのでしょうか?

皆さんのイメージでは

・何か外壁に支障が出てきたり

・外観が崩れて来た時に塗装業者さんを探し始めて…

 

そこからスタート!!という感じなのではないでしょうか??

 

正直なところ、

「別に住めないわけでもないし…」

「雨漏りしているわけでもないし…」

「今のところ見た目も奇麗だし…」

「新築で購入したばかりだから全然大丈夫でしょ!!」

と、多くの方がお考えかと思います。

が、しかし!!!

外壁塗装って外見を美しくするだけのものではないんです。

外壁塗装の本来の目的は、建物に水が入り込まない様にして、

建物の寿命を延ばすことが目的なのです。

 

建物内に水が侵入してしまうと、断熱材に湿気を含んでしまいます。

それが原因となって、雨漏りが発生してしまう事も少なくはありません。

ここで一つ補足ですが…

※雨漏り=天井から水滴が滴り落ちるではないのです。

水滴が滴るような雨漏りはもはや末期((+_+))

最初の頃は壁の色が少し変わってきたり、軒の部分に小さなシミができたりします。

これもれっきとした雨漏りなのです!

話を戻しますが、断熱材に湿気を含んでしまうと

湿気から喘息、アレルギー、皮膚炎の原因ともなりうる、カビが断熱材に発生してしまいます。

また、湿気を含んだ木材には、住宅の天敵シロアリを呼びよせてしまいまうという恐怖の悪循環に!

雨漏りは、こうした二次的被害を誘発してしまいます。

住宅にためにも、それらを外壁塗装で阻止してあげるべきなのです。

 

ずっと住み続ける大切なマイホーム。

自分たちの行動で、防げるものは防いでいきたいですよね。

 

実は、新築購入時の外壁塗装って、フッ素や断熱塗料のような高耐久塗料は使用されていないのがほとんどなのです。

しかも、どの家庭も新築購入をした時って、本当にいろいろと他のところで出費がかさんでしまうものですよね。

 

塗料のことまでは、なかなか費用に回らない。

いやいや、新しい家を買ったばかりで外壁の塗料のことは心配する必要がないでしょ。

と、思っていることが多いのがホンネでしょうか。

 

だからといって外壁が劣化してからのスタートでは、残念ながら“時すでに遅し”といっても過言ではないのです。

大切なマイホーム、人間と同じで病気になる前に予防すること、正しい知識を身に着けておく事が大切なんですね♪

 

株式会社ペイント王

大阪の外壁塗装専門店

0120-927-007

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!