BLOGブログ

【屋根の種類その1 瓦系】

2017.11.12

こんにちは、ペイント王です。

みなさまご存じのとおり、屋根にはいろいろな種類があります。
ざっと紹介すると、

・和瓦
・洋瓦(モニエル瓦)
・アスファルトシングル
・スレート
・ブリキ
・ガルバリウム鋼板
などなど。

 

今回は、和瓦と洋瓦について特徴をお伝えしますね。

・和瓦
粘土を成形し、高熱で焼いたもの。100年もつともいわれ、それ自体はとても丈夫。ただ、瓦を止めるための砂がズレて歪んでくるので、そのメンテナンスは必要です。施工のやり方としては、野地板(屋根の骨組み)の上に砂をしいてその上に瓦を乗せ、釘で固定していくというもの。釘はすべてを打ち込まず、少し出しておくことで次の瓦をひっかけるフックとします。

この和瓦の場合、塗装は必要ありません。
(瓦のメンテナンスが気になったらご連絡くださいね。)

 

・洋瓦(モニエル瓦)
一般的にモニエル瓦と呼ばれるもので、ヨーロッパ地方に多く、セメント素材のものとコンクリート素材のものがあります。それ自体には防水性はないので、塗装をする必要があり、新築施工では塗装がされている状態です。
経年により塗装が剥がれたり、瓦自体にひびが入ったりするので、定期的なメンテナンスが必要です。

ちなみに、セメントかコンクリートかの素材によって相性のよい塗料が変わります。それを見分けるのは、プロのペイント王にお任せくださいね.

 

屋根のメンテナンスが気になったら、ご自分で登って確かめる前に(とても危ないのでおやめくださいね)ペイント王にご連絡ください!
点検とお見積りは無料でやらせていただきます。

 

株式会社ペイント王

大阪の外壁塗装専門店

0120-927-007

お気軽にお問合せ下さい!

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!