BLOGブログ

ケレンのお話

2018.10.12

こんにちは、ペイント王です!

本日は「ケレン」のお話をしたいと思います(‘ω’)ノ

 

ちなみに「ケレン」とは何かご存知でしょうか?

 

 

ケレンとは下地処理の一部

 

外壁塗装のケレンとは、塗装をする前の下地処理の一部で、不要な部分を削り取り綺麗に掃除をすることを指します。

どんな下地を塗装する際にもこのケレンの工程は必ず必要です。

語源ですが、英語の「clean」が変化したものと言われています。

建設用語というより、塗装職人用語が一般名称になったらしいです。

ケレンという言葉には「正当でない」「邪道な」といった意味があり、転じて「突っ張っている」「ささくれ立っている」といった印象があるかもしれません。そんな共通の語感イメージがあり、「ケレン」が根付いてしまったのかもしれませんね。

ケレンの重要性

 

外壁塗装に限らない事ですが、塗装全般でケレンが大切な理由は、下地との密着仕上がりの美しさに関わってくるからです。

 

そこで、ケレンの工程でしておくべき作業は以下の3つに分けられます。

  • 削る・切り取る、といった取り除く作業」
  • 「目荒し」といって適切な範囲でわざと表面を凸凹に荒らす作業
  • 掃く・吸い取る・吹き飛ばす・拭き取る、といった掃除の作業

塗る面の下地がブツブツしていたら取り除き、剥がれないように凹凸を付け、塗れるように掃除をしておく。これがケレンの仕事です。
いくら塗装の匠が刷毛を持っていても、ケレンが出来なければ綺麗に仕上がらず、ハガレてしまうので、塗る技術より適切な

ケレンが出来る技術の方が重要なのです。

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブでのお問い合わせはこちらから

https://www.paint-king.com/contact/

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!