BLOGブログ

ペイント王が地域密着型にこだわる理由とは?

2018.04.02

ペイント王が地域密着型にこだわる理由とは?

 

ペイント王です。

 

インターネットで外壁塗装を検索すると、全国展開している塗装業者さんがあります。

 

また、全国展開していなくても、近隣の府県まで営業範囲を広げている業者さんもいます。

 

そのような業者さんとは違って、私たちペイント王は、営業エリアを、大阪府と奈良県の一部に限定しています。

 

地域を限定している塗装業者さんよりも、広範囲で展開している塗装業者さんの方が、ノウハウが蓄積されていて腕がいいのではと思う方も多いと思います。

 

でもペイント王が、営業エリアを限定するのは、実は深〜い理由があるのです。

 

そこで今回は、ペイント王が「地域密着型」にトコトンこだわる「3つの理由」をお話ししたいと思います。

 

 

理由1:「適正価格」にこだわった営業範囲

 

ペイント王が営業範囲を限定する第1の理由は、高品質の塗装を可能な限り低価格でご提供するためです。

 

もし営業範囲を広げて、車で2~3時間かけてお客様のところに通うことになった場合、移動時間が無駄になってしまいます。

 

「移動時間」は、多ければ多いほど、経費が多くなり、塗装費用を高く設定しなければならなくなってしまいます。

 

そこで移動時間にかかる経費を最小限にするために営業範囲を限定しています。

 

「優秀な職人の技術」を最大限に生かして、高品質な塗装を低価格でご提供するために、営業範囲を限定しているのです。

 

 

理由2:「アフターフォロー」にこだわった営業範囲

 

ペイント王が営業範囲を限定する第2の理由は、アフターフォローを充実させるためです。

 

ペイント王では、2年・5年・10年ごとの定期点検をはじめとした、アフターフォローに力を入れています。

 

塗料の耐用年数が来るまで、しっかりとお家を守りつづけるためには、アフターフォローはとても大切です。

 

そのために、万一トラブルが発生したときでも、すぐに駆けつけられるように、営業範囲を限定しているのです。

 

 

理由3:「末永いお付き合い」にこだわった営業範囲

 

ペイント王が営業範囲を限定する第3の理由は、「お客様との末永いお付き合い」のためです。

 

外壁塗装は、お家を長持ちさせるための、大切なパートナーであり「お家のかかりつけの主治医」です。

 

主治医から受ける風邪の予防接種に「有効期限」があるように、外壁塗装にも「耐用年数」があります。

 

塗料の耐用年数は、種類によって違いますが、3年から20年です。

 

そして耐用年数を迎えた塗装には、塗り直しが必要です。

 

外壁塗装という「予防接種」が風雨や太陽光から守り続けることで、思い出のつまった大切なお家を、お子さんやお孫さんの代まで引き継いでいけるのです。

 

耐用年数を迎えた塗装の塗り直しは、前回塗装した時のお家の状態である「お家のカルテ」を持っている塗装業者が行うのがベストです。

 

 

私たちペイント王は、前回塗装を行ったときの「お家のカルテ」をもとに、最適な外壁塗装をご提案したいと考えています。

 

私たちペイント王は、「かかりつけの主治医」のように、お家が寿命を全うするまで見守っていきたいと考えています。

 

そのためにも、万一トラブルが発生したときでも、すぐに駆けつけられるように「地域に密着した営業範囲」にこだわっています。

 

 

 

私たちペイント王は、地域密着型の塗装専門店として、地域の皆さまのために外壁塗装の仕事を通じて貢献していきたいと考えております。

 

大阪で、外壁塗装をご検討中の方は、ペイント王へぜひお気軽にお問合せください♪

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!