BLOGブログ

外塀の話

2018.06.18

こんにちは。ペイント王です。

 

今日は【壁】ではなく、【塀】のお話をしたいと思います。

 

大切な我が家をくるりと囲み、この内側は我が家の土地ですよーと、所有地を明確にしてくれる塀ですが、表側がぷっくりと膨れているのを見たことがあるでしょうか。

 

 

何故、こんな現象が起こるのかご存知ですが?

それは、ひび割れ場所やサッシなどから内部に水が浸入し、それが蒸発する際に(気体になると体積もおおきくなるので)内部で膨らみを作ってしまっているからです。

 

 

膨れを破ると内部から水が流れてくることもあるのです…!

 

そうなってしまうと、結果どうなるのか。

 

水分は陽が差し込む方向へ抜けようとするので、塗装をしていたら、水が抜けれなくて(蒸発できなくて)、塗膜がめくれてしまいます。

行き場をなくした湿気が中でたまって、塗膜がペロペロめくれてくる現象が起こってしまうのです。

 

 

なので、いくら良い塗料を塗り重ねても内から湿気が回ってるので直せません……。

 

だったらどうしたらいいのでしょうか?

 

その答え合わせは……明日!

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!