BLOGブログ

外壁塗装の3回塗りの重要性!!(下塗りについて)

2018.08.22

こんにちは!

 

 

夏本番ももうすぐですね!

紫外線対策をしっかり行わないと、年々紫外線は強くなっているので、怖いですね・・

 

日焼け止め→化粧下地→ファンデーション

というお化粧の基本的な工程は、この季節日焼けを防ぐだけではなく、

外部の乾燥からも守ってくれる役割をします。

結果的に、将来のシミ・そばかすから守ってくれているのかもしれません。

 

外壁塗装にも大切な3工程があります。

それは「下塗り・中塗り・上塗り」という3つの工程です。

この3工程には塗料そのものの性能を発揮するために重要な働きと、

外壁から建物を守る役割があります。

 

その中でも今回は、下塗りについてお話します。

なぜ下塗りが必要なのでしょうか?

 

下塗りは、下地強化剤(シーラー)を塗ります。

どんなにいい上塗り塗料を使用していても、この下塗り工程がしっかりしていないと、すぐに上塗り塗料が剥がれてきてしまいます。

 

必ずこの工程を行います。

次の工程の塗料との密着性UPの為にも、下地塗料はすごく大切です!!

 

また、下地強化剤(シーラー)には、水性タイプと油性タイプがあるので、

塗り替えを行うお家の状態などから使い分けます。

 

また発色をキレイにするためにも、次の塗料の色を考えて選ぶことも大切になります!!

 

3回塗りの工程の中でも、下塗りはとても大切ね工程です。

テキトーに済ませてしまったり、省かれてしまっては、後々必ず困ってしまいます。

3回塗りの工程を守らず2回塗りなどで済ませてしまっていたら、

1〜2年で塗装が剥げてしまったり、違いが出てきます。

 

安心出来る業者選びも大切です。

もし、何かこの3回塗りの工程の中で不安があれば、是非、何でもペイント王にご相談ください。豊富な実績とともに、お客様の不安を必ず解消してみます!!

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!