BLOGブログ

屋根の「勾配」と「雨」の意外な関係とは?

2018.05.24

屋根の「勾配」と「雨」の意外な関係とは?

 

 

 

ペイント王です。

 

突然ですが皆さま、屋根の「勾配」は何のためにあるのでしょうか?

 

勾配をつけることで、雨水を下に流すため?

 

ピンポーン、正解です。

 

でもこの勾配、屋根の材質によって角度が違うってご存じですか

 

勾配と言えば、もう冬のオリンピックは終わってしまいましたが、スキー場の斜面が思い浮かびますよね。

 

スキー場が、初心者・中級者・上級者とコースごとに斜度が違うように、屋根も屋根材によって勾配の角度が変わってくるんです。

 

材質によって違う勾配

 

屋根の勾配を表す方法として、昔から使われているのが「寸法勾配」です。

 

 

(屋根の勾配の表し方 イメージイラスト エクセルで作成したものを、スクリーンキャプチャーで画像化しました)

 

寸法勾配では、屋根の底辺が10寸(1尺)に対して、高さが何寸あるかによって示します。

 

 

 

 

(1)1寸勾配では、勾配の角度が5.7度です。

 

スキー場で言えば、ゆるやかな初心者コースですね。

 

 

 

(2)5寸勾配では、勾配の角度が26.6度です。

 

スキー場で言えば、少し急な中級者コースですね。

 

 

 

(3)10寸勾配では、勾配の角度は、45度です。

 

スキー場で言えば、転倒必至の超急斜面の上級者コースですね。

日本でも45度のゲレンデは数えるほどしかないそうです。

 

屋根に勾配をつける理由は2つあります。

 

1つめの理由は、瓦などの屋根材の隙間から、雨が浸入することを防ぐためです。

 

主な屋根材の、勾配を見てみると

 

陸屋根(屋上など)   0寸

金属瓦        1寸~10寸

アスファルトシングル 1寸~

ストレート      3寸~10寸

和瓦         4寸~7寸

セメント瓦      4寸~10寸

洋瓦         4寸~10寸

 

となり、屋根材同士の隙間が大きいほど、勾配が大きくなります。

 

屋根に勾配をつけることで、強風による「横なぐりの雨」の浸入を防いでいるんですね。

 

そして2つめの理由は、雨を速やかに下に流して、「水たまり」の発生を防ぐためです。

 

スキー場で斜度が大きければ大きいほどスピードが出るのと同じ様に、屋根も勾配が大きければ大きいほど、雨は早く流れ落ちます。

 

つまり、勾配が大きいほど、屋根に雨がたまりにくくなるんです。

 

そして「水たまり」と、次にご説明する「毛細管現象」が重なることで、雨漏りが起こるんです。

 

雨漏りを引き起こす「毛細管現象」とは?

 

 

 

毛細管現象とは、水などの液体中に細い管を立てたとき、その管内を表面張力によって液体が管内へ浸入する現象です。

 

管が細ければ細いほど、表面張力の影響が大きくなり、液体は管内をより奥へと浸入します。

 

上の図では、水は上に吸い上げられていますが、毛細管現象は、狭い隙間に沿って上下左右関係なく起こります。

 

屋根材の劣化により発生する「小さな隙間」に水がたまると、毛細管現象により水が浸入して、雨漏りの原因となるのです。

 

「毛細管現象」を防ぐために、屋根の劣化は早期発見・修理を!

 

毛細管現象の原因となる、屋根の劣化による「小さな隙間」は、屋根の上に登ってみないと分かりません。

 

ささいな劣化を見逃さないためには、屋根材の知識がある「プロの目」が必要です。

 

しかも、斜度がある屋根の上での作業なので、高所作業の知識と経験がある熟練の職人さんが必要です。

 

屋根の角度が大きければ大きいほど、「転落事故」の危険性は高まります。

 

屋根の角度はスキー場と同じで、下から見上げるとそれほど急には感じません。

 

しかし、実際に7寸(35度)以上の屋根に登ってみると、スキー場の上級者コースさながら、崖っぷちに立ったような気分ですね。

 

屋根の点検と修理は、「屋根材」と「高所作業」の両方の知識と経験が必要です。

 

私たちペイント王は、「屋根材」と「高所作業」に関する、豊富な知識と経験を持っています。

 

屋根の劣化が気になる……

屋根の修理がしたいけれど、どこに頼めば良いのか分からない………

 

そのようなお悩みをお持ちでしたら「屋根の専門家」ペイント王に、ぜひお気軽にご相談ください。

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!