BLOGブログ

案外身近にある有機溶剤

2018.05.21

案外身近にある有機溶剤

 

こんにちは!
ペイント王です。

そろそろサンダルやミュール解禁の季節がやってきましたね♪
冬の間、靴下で隠していた、(いや、、ごまかしていた?!)
かかとのガザガザのお手入れや、ペディキュアをしたり忙しくなりそうです。

有機溶剤責任者という資格について先日ブログに書きましたが、マニキュアなども身近にある有機溶剤のひとつなのです。
一般的なマニキュアにはアセトンという物質、玩具用のマニキュアではエタノールなどが有機溶剤として使用されています。

 

 

 

 

有機溶剤とは??

水に溶けない物を溶解する用途に用いられる液体で、
他の物質を溶かす性質を持つ有機化合物の事です。

今色々な職場や場所で、溶剤として
「接着・塗装・洗浄・印刷」などの作業に幅広く使用されています。
最近ハンドメイドで流行っていたレジン液なんかも有機溶剤使用されている商品があり、アレルギー症状や発熱など引き起こす可能性があります。

 

 

その他にもプラモデルの組み立てや、塗装なども有機溶剤を使用しています。
身近なところ、家庭の中にも沢山の有機溶剤が存在しています。

ガソリン、灯油なども有機溶剤の混合物です。
消毒用エタノールは、エタノールが有機溶剤だし、お酢は、酢酸が有機溶剤です。機械油だって有機溶剤ですし、接着剤やシールはがし材も有機溶剤です。

ご家庭では取扱に注意が必要です、特に妊婦さんや小さなお子様がいるご家庭は室内の使用は十分に換気を行い、取扱説明文の注意は最低限守って下さいね。

 

 

有機溶剤の性質

・揮発性が高い
・水より軽く、みずとは混ざり難い
・特有の刺激臭がある
・多くのものは引火しやすい
・呼吸器から入りやすい(最も多い)
・中枢神経の麻酔作用がある
・脂溶性である、機械油などの油脂類、塗料、樹脂、ゴム、動物・植物の脂肪などをよく溶かす。
・人体への影響として言える事は、脳や肝臓、腎臓に障害を起こす場合が多い毒性の強い化学物質と言えます。

 

 

 

 

有機溶剤作業主任者資格では、なにを勉強するの??

呼吸器や皮膚からも簡単に体内に取り込まれてしまうため、
・作業方法の選定や換気、排気の状況確認

保護具や設備の使用状況などによっては、人の命にかかわることなので、作業現場では常に監視や指導します。
・シンナー、ラッカーを取扱う塗装業や塗料販売業
・ 燃料タンクやピットなど密閉された所で、作業する整備士
・ 清掃業、有機溶剤を扱う工場
・ 洗浄洗剤使用のクリーニング業
資格が保有が必要となる職場は幅広くあります。

便利な面も多いですが、危険性が高い物質でもあるため、ご家庭で使用する際も、基本的な知識を持っていたほうが安全・安心です!

使い方に注意して、趣味や家事に有機溶剤を活用していただければと思います。
また使用範囲の広いものでもありますし、使用する職場も多いことから需要も高く男性だけではなく、女性にもオススメの資格です!

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!