BLOGブログ

梅雨が来る前に必読★雨漏り注意信号!!

2018.03.16

梅雨が来る前に必読★雨漏り注意信号!!

 

こんにちは。

ペイント王です。

 

春一番も過ぎ去りましたが、いつ暖かい日が来るのでしょうか。

まだまだ寒い日が多く、朝晩はコタツの中で縮こまっています( ゚д゚)

油断しているとすぐに梅雨が来て夏が来てまた一つ年をとってしまうのでしょうか。お、お、恐ろしい。

 

降水量が多い梅雨になる前に!!!

 

今回のテーマは「雨漏り」

 

雨漏りといえば、昔ながらの家、老朽化した家のイメージでは??

イマドキの住宅の話ではないでしょー??とお思いの方も多いと思います。

 

 

ボタポタ落ちる水滴をお鍋やバケツで受け取る感じ。

漫画やアニメでみたことがあると思います。

 

実は知り合いのお家で起きたことなのですが、

 

 

ここから雨漏りが始まると想像できますか?

 

この方は築10数年の賃貸住宅に入居。

入居時から小さな壁紙の剥がれを気になさり

管理会社に相談したり、掛け合ってみたりしたのですが、

約一年なんの対応してもらえず、

降水量の多い台風の日にポタポタと水滴が落ちていることに気が付き!!

慌ててボウルで雨を受け取ってセーフと思ったのですが、

 

時すでに遅し!

 

下には本棚があり、大切にコレクションしていた小説や家族写真が、雨漏りのせいで濡れてだめになってしまったらしいです。

 

おまけに気づくのが遅く本棚には雨漏りでカビが生えてしまい、木が剥がれたり駄目になってしまったそうです。

 

この件でやっと管理会社が動いてくれ、原因の調査がはじまりました。

 

 

でも、壁紙は写真の通り剥がれたまま数ヶ月原因調査結果を待ったそうです。

 

現地調査の結果、原因は外壁のコーキング剤の劣化、

その隙間から雨が入り込み雨漏りとなったそうです。

 

築もそんなに古くない最近の住宅に入居してこんな目に合うのか!!

と、とりあえずびっくりしたとのことでした。

 

築数20年あまりの住宅で起こったことですが、

大家さんはハイツ建設後から一度も外壁のメンテナンスをしていなかったそうです。

 

でも、メンテナンスが必要って知識がないと、なかなか外壁塗装やメンテナンスを急いだりしないですよね。見た目はきれいな住宅だったら尚更。

 

結局、外壁の補修後は、

部屋の家具を大きく移動して壁紙一面剥がし、

カビの処理➝そしてクロスの張り替え→家具移動!という丸一日室内だけでもかなりの大工事が行われました。

 

早めのメンテナンスをしていたら室内まで必要無かったのかも知れません。

せっかくのお休みが一日潰れてしまっては、もったいない!

 

何事もはやめはやめが大切です。

10年に一度外壁のメンテナンスをしていると、結果的にコストは安くなるとも言われております。

ペイント王では定期メンテナンスもおこなっておりますので、是非お任せください。

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!