BLOGブログ

玉掛け作業者って??

2018.05.09

玉掛け作業者って??

 

 

こんにちは!

ペイント王です!

資格紹介の第2弾!!

今回は玉掛け作業者です。

 

今回も国家資格ではなく、しかも一般住宅の塗装では出番が少ないクレーン作業を行うための資格なので・・・

ご興味薄い方もいらっしゃるかと思いますが(。>3<。)

 

安全な作業を行うためには重要な資格です!

ご紹介させていただきます\(^o^)/

 

 

 

玉掛け(タマカケ)とは・・・

クレーンなどに物を掛け外しする作業のこと。

 

クレーンに玉掛けを行うだけでも資格って必要なのですね!

これを取得していないと玉掛け作業はできないのです!

 

「クレーン等を運転する作業と、同時に玉掛け作業を行う際、事業主は必ずクレーン・デリック運転士、移動式クレーン運転士等の資格並びに玉掛け資格を有するものに作業させなければならない。」と、資格元のページにはあります。

 

つり上げ荷重1トン以上のクレーン、移動式クレーン若しくはデリック、揚貨装置による玉掛作業に従事するには「玉掛け技能講習」を修了することが必要です。

 

 

 

玉掛け作業とは・・・

コンクリートバケットなど荷と一体となったものをフックに掛けるなどの場合を除き、ロープなどの用具を用いて荷を吊り上げるための準備から玉はずし作業までの一連の作業のことです。

クレーンへの合図などもこれに含まれます。

 

別の場所でフックから荷を外す場合、外す側の作業にも同等な資格が必要である。複数の作業員が行うのであればその場所の数だけ有資格者が必要である。

 

有資格者の下で補助的な業務を行うに当たっては資格不要であり、補助業務の一定期間の経験により技能講習の講習時間が短くなるなどの優遇措置がありますが、補助作業者だけでの玉掛け作業はNGとされています。

 

 

安全面や危険性の察知、どのように作業を行えばベストなのか? など、かなり頭を使います。

玉掛け作業者は様々なことを想定をしながら、最適な玉掛け作業の指示を行う技術や経験が必要となります。

 

オーケストラで言えば、指揮者で、サッカーやスポーツの司令塔的な重要な役割を果たします。カッコイイ★

 

もし、今後玉掛け作業者を見かけた際、どのように司令を出しているのか気になりますね。

クレーン事故のニュースも多々あるようですので、作業される方は安全に作業頑張って欲しいな!!と思っています。

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!