BLOGブログ

箕面市 屋上防水工事

2015.01.28

箕面市で屋上防水工事をさせていただきました。

通気緩衝工法と言って、ただの塗膜

防水と違って、防水の下地にひび割れが、おきないように補強のシートを入れるやり方です。

↑ まずは、古くなって傷んだシートを捲ってから下地処理をしていきます。

 

↑ 古いシートを撤去してフィラーと言う(セメントのような物)で下地処理しました。

↑ 水が流れるドレンも被せて雨漏りしないようにしていきます。それからボンドのような材料でシートをひいていきます。

↑ シートがひき終われば、その上にウレタン防水塗料を3回ほど塗っていきます。 下のシートが見えなくなる目で分厚く3回するのです。

↑ 最後に防水塗料を紫外線から守るためにトップコートを塗装して完成です

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!