BLOGブログ

色のイロイロ視覚効果

2018.03.19

色のイロイロ視覚効果

 

こんにちは!

ペイント王です。

 

春色が広がる季節はもうすぐ!

桜のピンク色はロマンチックな気分にさせたり、癒し効果、交感神経を刺激して脳に血液を送るという効果もあるそうで、疲労の緩和や痛みの軽減、老化予防などの視覚効果があるそうです。

 

 

今回は色の持つの視覚効果についてがテーマです!!!

 

色の大きさによって見え方が変わってしまうというのは、ホームページにもチラッと掲載してますが、小さな見本帳やサンプルだけで判断してしまうと、色の感覚のズレが起こってしまい、実際の仕上がりが薄く感じてしまったり、違う色に感じてしまう傾向が強いのです。

 

実は色にはイロイロな特徴があります!

色が人に心理効果を与えることは有名ですが、どのようなものがあるのでしょうか??

知っておくとお部屋の内装やインテリアや服装などにも応用できそうです。

色を変えることで心理など、効果的な影響をもたらすことができますね♪

 

外壁塗装の色を決定する時にも、ご近所さんとの調和や、おうちのサイズ感、色の持つ視覚効果や心理効果を上手に利用してみるといいと思います!

赤や青など、色そのものではなく暖色系・寒色系といった大まかな色の系統によって違う効果について知っておくのもいいですね。

 

暖かさや、落ち着きを感じるなど色には人に与えられるイメージを持っています。

外壁塗装の色選びでは、明るい、落ち着く、重厚な、優しい、清潔感といった人が持つイメージの色を大切にしておくといいでしょう♪

住む人のライフスタイルやライフステージに合わせて色を変えれるなんて、持ち家を持った人の特権ではないでしょうか❤︎( ^∀^)

 

 

膨張色?収縮色?

色は「膨張色(進出色)」と「収縮色(後退色)」に分けることが出来るそうです。

白は膨張色なので、ワタクシ白いワンピースなんて怖くて着た事がございません( ;∀;)!!!!

 

ただこの色の持つ効果をうま〜く利用すれば、狭小住宅の様な小さめのおうちも明るめの膨張色を使用することで、ちょっと大きく感じて見せる事ができたり、広すぎる豪華な家には収縮色を使うとスタイリッシュでカッコイイ雰囲気、重厚感を持たす事が出来たりします。

色のチョイス一つで、人に与える印象はガラリと変わりそうです。

 

 

色の持っている心理効果や視覚効果を上手に取り入れて役立てる事で、印象を変える事ができます。

街並みやご近所との調和も大切ですが、気に入った色、気に入った雰囲気のお住まいにしたいですよね★

集合住宅住まいでは叶えることのできない、外壁のカラーチェンジ!

是非ワクワクした気持ちで、色選びしていただきたいと思っています。

 

ペイント王では、カラーシミュレーションや色見本帳などを使用し、お客様のイメージと実際の塗装にギャップが生まれない様に工夫しています。

 

一ヶ月以上悩まれるお客様もいる程、色選びは非常に重要で、非常に難しいことと承知しています。

トコトンお客様の悩みに寄り添う事ができればと思っております♪

 

 

大阪の外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブからのお問い合わせはこちらから

お問合せする

 

 

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!