BLOGブログ

3回塗りの基本の話

2018.11.19

こんにちは、ペイント王です。

ペイント王では、必ず三回塗りをしています。

では、なぜ「三回」なのか。どうして「二回」ではだめなのか。

本日は三回塗りについてお話したいと思います(‘ω’)ノ

3回塗りの【基本】とは

塗装の工程で3回塗りと言えば、1工程ずつ乾燥させて塗り重ねた塗装の回数を指します。

外壁や屋根の塗装は3回塗りの工程が基本なので「3回塗り」と言う表記を目にすることが多いです。

一方、木部・鉄部などの細部塗装に関しては2回塗りが基本となります。

3回塗りの各工程の役割

下塗りフィラープライマーなど、それぞれの下地や塗装工程に合った下塗材を塗る

下塗り


中塗り:各下地と仕上げの目的に合った塗料(トップコート)を塗る(1回目)

中塗り


上塗り:上記仕上げの塗料をもう一度塗る(2回目)上塗り

3回塗りの表記の方法

  • 1回目:下塗り
  • 2回目:中塗り
  • 3回目:上塗り

一般的に3回塗りの各工程の呼び名は以下のようになります。
このような表記であれば「3回塗り」と言うのが分かりやすい。


  • 1回目:下塗り
  • 2回目+3回目:上塗り

しかしメーカーのカタログなどにはこのような「上塗り×2回」といった表記もあり、「3回塗り」と言う事が分かりにくい場合もあります。

塗り回数と共に大切な2つのこと

意外と大切な塗料の乾燥期間

上記のような特別な工程短縮を除き、よくある不適切な工事の傾向として【乾燥期間の無視】があります。
どのような場合でも、1回塗り終わってすぐに次の塗り工程に移ってはいけません。

塗料には「塗り重ね乾燥期間」が設定されているからです。

この乾燥時間を守らないで次の塗り工程に進んでしまえば、正しい塗り回数を行ったとは言えません。

もちろん数年後に「剥がれ」「寿命の低下」「ヒビ割れ」等の不具合の原因となってしまいます。

正しい塗り回数は、正しい乾燥期間を守ることも重要なのです。

 

外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブでのお問い合わせはこちらから

https://www.paint-king.com/contact/

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!