WHAT'S NEWお知らせ

濡れているコーキングの話

2018.11.26
こんにちは、ペイント王です。
本日は濡れているコーキングのお話…コーキングを濡れている下地に打つことは可能なのか、というお話です(‘ω’)ノ
結論から言いますとどのようなコーキングであっても、濡れている下地に打つと密着が悪くすぐに剥がれてくるようになってしまいます
そのためコーキングを打つ際の基本として、下地は必ず乾いていることが条件になります。
ただし打ってから雨が降ってきた場合は実はそこまで問題にはなりません。アクリル系のコーキングの場合は水性なため乾いていないと雨水で流れてしまいますが、シリコンなど一般的な住宅に使われているコーキングではれば、打った後に雨が降っても流れることはありません。

ただし繰り返しになりますが、コーキングを打つ前の下地は必ず乾いていないとダメです。

いくらシリコン系のコーキングでも剥離しやすくなるのでご注意ください。

外壁塗装専門店

株式会社ペイント王

0120-927-007

 

ウェブでのお問い合わせはこちらから

https://www.paint-king.com/contact/

御見積り・ご相談など無料です。お気軽にご連絡下さい。

受付時間 8:00〜22:00
お問合せフォーム対応エリア:大阪府の全域対応します!